ウェブサイト運営

【エックスサーバー】ブラウザキャッシュ機能

投稿日:

2018年9月6日 エックスサーバーに「ブラウザキャッシュ設定」機能が追加されました。

この機能をオンにすると、ウェブサーバーからウェブブラウザに返すレスポンス内に、cache-control ヘッダとexpires ヘッダが追加され、ウェブブラウザにそのファイルを1週間キャッシュさせるようになります。そのため、ブラウザが再度そのリソースをリクエストした場合にはキャッシュを利用するようになるため、表示速度も上がり、通信も発生しないようになります。(参照:RFC 7234 – Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Caching 5.2. Cache-Control

設定を行う際には、「全ての静的ファイル」と「CSS/JavaScript以外」を選択することができますが、通常のウェブサイトであれば、推奨とされている「全ての静的ファイル」を選べば良いでしょう。

また、この「ブラウザにファイルをキャッシュさせる」という仕組みは、エックスサーバーが提供してくれる機能を使わなくても、.htaccess ファイルを使えば自分で設定することができます。エックスサーバーの「ブラウザキャッシュ設定機能」は有効期間が 1週間に固定されているため、これ以外の期間に設定したい場合にもこの方法を知っていると便利です。

この仕組を利用するには、.htaccess ファイルに例えば以下のように記述します。

<IfModule mod_expires.c>
ExpiresActive On
ExpiresByType image/jpg "access plus 1 months"
ExpiresByType image/jpeg "access plus 1 months"
ExpiresByType image/gif "access plus 1 months"
ExpiresByType image/png "access plus 1 months"
ExpiresByType text/javascript "access plus 7 days"
ExpiresByType text/css "access plus 7 days"
</IfModule>

詳細は、mod_expires – Apache HTTP サーバ バージョン 2.4 などを御覧ください。

-ウェブサイト運営

執筆者:fitallright

関連記事

no image

エックスサーバーの 「mod_pagespeed設定」機能についてのメモ

2019年3月27日:「mod_pagespeed設定」機能の新規設定の受付が終了しました。 「mod_pagespeed設定」機能の新規設定の受付終了について – 2019/03/27 …

no image

Google Analytics のタグ(トラッキングコード)を出力する WordPress プラグイン

WordPress のプラグインには、Google Analytics のタグを出力してくれるプラグインが複数存在していますが、どれを使えばよいのでしょうか? ここでは、お勧めプラグインを紹介します。 …

ウェブサイト移転時、新旧どちらのサイトが表示されているか区別できるようにしておきましょう

ウェブサイトを別のサーバーに引っ越しする際、「ドメイン名とサーバーのIPアドレスの対応付け情報」をネームサーバーで変更するわけですが、この作業中にいつものURL(ドメイン名)でウェブサイトにアクセスし …

no image

【エックスサーバー】「Xアクセラレータ」機能

2018年9月 Xアクセラレータ Ver.1 2018年9月11日 エックスサーバーに「Xアクセラレータ」という機能が追加されました。 従来の10倍以上のアクセス処理性能!Webサイトの高速化・同時ア …

no image

【エックスサーバー】「Xアクセラレータ」機能の標準有効化について

2018年11月29日以降、エックスサーバーの「Xアクセラレータ」機能が標準で有効化されます。 (対象となるサーバーに順次適用されていきます) ■実施日  2018年11月29日以降、順次メンテナンス …

ロリポップ!「スタンダードプラン」
さくらのレンタルサーバ「スタンダードプラン」