クラウドサーバー 共用サーバー

wpXレンタルサーバーとwpXクラウド の紹介

投稿日:2018年4月3日 更新日:

1. wpX について


サービス名

wpXレンタルサーバー

wpXクラウド

オススメユーザー

wpXレンタルサーバー

安定した WordPressサイト運営を必要としている個人、法人

wpXクラウド

既にあるWordPressを安定した環境に外出ししたい個人、法人

プランと価格帯

wpXレンタルサーバー

  • 1,000円/月

wpXクラウド

  • グレードA:500円/月
  • グレードB: 約 1,000円/月
  • グレードC: 約 3,000円/月
  • グレードD: 約 5,000円/月
  • この上に、グレードE, F, X もあります。
運営会社 エックスサーバー株式会社

wpX は、WordPress専用のレンタルサーバーサービスです。エックスサーバー株式会社が運営しています。

エックスサーバー株式会社は、2003年からレンタルサーバーサービスを運営しており、レンタルサーバー業界では老舗といってよいでしょう。wpX 以外にも「XSERVER」という大変に人気のあるレンタルサーバーサービスを運営していますし、「Xdomain」という ドメイン取得と無料レンタルサーバーがセットになったサービスも展開しています。

wpX には 2つのサービスがあります。「wpXレンタルサーバー」と「wpXクラウド」です。

大雑把に特徴に書くと以下のようになります。

wpXレンタルサーバー
  • 通常のレンタルサーバーサービスを、WordPress専用に限定したようなサービス
  • WordPressに限定することによって、WordPress用の最適化・機能が追加されている。
wpXクラウド
  • 1契約1WordPressサイトで、リソースを柔軟に変更できるサービス
  • 月額500円からプランが用意されている(しかも、初期費用は0円)。

2. レンタルサーバーの種類

wpXレンタルサーバーは「共用サーバー」、wpXクラウドは「クラウドサーバー」と考えてよいと思います(ハッキリと明記されているわけではありません)。

3. プラン比較

wpXクラウドに関しては、グレードAからグレードCまでを表に入れました(この上にグレードD, E, F, X もあります)。

プラン wpXレンタルサーバー wpXクラウド
グレードA グレードB グレードC
初期費用(税抜) 5,000 無料 無料 無料
利用料金(税抜)
(3ヶ月契約の場合)
1,200 円/月 500 円/月 1,000 円/月 3,000 円/月
利用料金(税抜)
(12ヶ月契約の場合)
1,000 円/月 500 円/月 1,000 円/月 3,000 円/月
ディスク容量(SSD) 30 GB 10 GB 20 GB 30 GB
WordPressの数 10 1 1 1
マルチドメイン 10
転送量目安 50 GB/日 300 GB/月 700 GB/月 1,200 GB/月
想定月間PV数 ~30 ~50 ~150
PHP7/PHP5
MySQLの容量 1,000 MB
(1データベースに対して)
500 MB 1,000 MB 1,500 MB
WordPress
簡単インストール
電話サポート
無料独自SSL
メールアドレス 無制限
自動バックアップ ※1
お試し期間 14 日間 14 日間

※1 バックアップしたデータを受け取るには手数料が別途必要になります。

4. wpXレンタルサーバーの主な機能・サービス

高速である

WordPress に最適化しているため速いです。

セキュリティ

WordPressに特化している分、汎用的なレンタルサーバーと比べて、踏み込んだセキュリティ対策が追加されています。

最低利用期間と解約について

契約期間は、3ヶ月 / 6ヶ月 / 12ヶ月が用意されています。契約期間の途中で解約しても、料金は戻ってきません。

5. wpXクラウドの主な機能・サービス

安い

初期費用がない上に、500円/月(税抜き)から始めることができます。

1ヶ月単位で契約できる

1ヶ月単位で契約できるので、最低利用期間と言えるほどの期間縛りがありません。

月間PVの目安が設定されている

月間PVの目安が設定されているので、契約するグレードを決めやすいです。

既に運用しているWebサイトを wpXクラウドに乗り換えるのであれば、月間PVは分かっているはずなので下の表に合わせてグレードを選ぶだけです。

新規にWebサイトを立ち上げるのであれば、まずは一番下のグレードAを選んでおけばよいと思います。グレードA の「想定月間PV数」は「30万まで」となっていますが、これはかなり人気なサイトでないと達成できない数だからです。

グレード グレードA グレードB グレードC グレードD グレードE グレードF グレードX
想定月間PV数 ~30万 ~50万 ~150万 ~250万 ~500万 ~1,500万 ~2,500万

PVとは?

「PV」とは Page View (ページビュー) の略で、Webサイトへアクセスされた回数を表します。

グレードが柔軟に変更できる

Webサイトへのアクセスが「増えてきた」「減ってきた」場合、そのPV数に合ったグレードに変更することができます。

  • 上位グレードへの変更は、月単位で可能です。
  • 下位グレードへの変更は、契約更新期のみ可能です。

お試し期間が14日間ある

お試し期間が14日間ありますので、この期間内に自分のWordPressサイトが wpXクラウドで問題なく動くか確認することができます。14日あれば十分でしょう。

最低利用期間と解約について

1ヶ月単位での契約が可能です。その場合、解約も月単位で可能です。

メールの機能はありません

メールアカウントは用意されません。あくまで、Webサイトのホスティングのみとなります。

このあたりが、wpXクラウドが初心者に向いていないところです。「メールアカウントが必要かどうか」の判断ができない場合は、wpXレンタルサーバーを利用することをお勧めします。

Webサイト毎にIPアドレスを分けられる?(未確認)

ここは未確認の情報になりますが、可能性として1つ考えられる利点を書いてみます。

wpXクラウドでは、1サイト1契約となり 500円/月から始められるわけですが、例えば「2つのWordPressサイトを運営したい」且つ「この2つのWordPressサイトのIPアドレスを同じにしたくない(関連を持たせたくない)」という場合にちょうどよいかもしれません。1サイト毎に別契約になりますので、それぞれのサイトに別のIPアドレスが割り当てられる可能性もあると思うのです。もしそうであれば、別々のIPアドレスの2つのサイトを、1,000円/月から始められます。但し、2つの契約をした場合に、必ずIPアドレスが別々になる保証はないと思いますし、そのあたりの仕様が分からないためあくまで可能性の話しになります。

注意点

どちらのサービスもWordPressに最適化することによるメリットがある一方で、WordPress 専用且つ最適化済みであるために ユーザー側で変更できない設定などが一部あるようです(キャッシュやURLのパスあたり)。このあたりは、使用しているプラグインによっても影響があったりなかったりしますので、お試し期間に確認してみるか、サポートに事前に質問しておくことが大切になってきます。

6. wpXレンタルサーバーと wpXクラウドに向いている人(エックスサーバー X10も)

wpXレンタルサーバーと wpXクラウドを比較するという観点で、それぞれに向いている人を考えてみました。

wpXレンタルサーバーに向いている人

  • Webサイトを複数運営したい。
  • 毎月1,000円くらいで、ある程度安定した運営をしたい。
  • 運営したいのはすべてWordPressサイトである。

エックスサーバーのX10プランに向いている人

wpXレンタルサーバーとよく似た価格帯である エックスサーバーのX10プランについても書いておきます。

  • Webサイトを複数運営したい。
  • 毎月1,000円くらいで、ある程度安定した運営をしたい。
  • WordPress以外のサイトも運用したい。(自由度が高いほうがよい)

最後の項目だけ違います。「WordPress 以外も使うかも…」くらいの人は、エックスサーバー X10プランにすると後悔しません。

wpXクラウドに向いている人

wpXクラウドがぴったりな人の一例を挙げます。

  1. 既にどこかのレンタルサーバーを借りていて、WordPressサイトとそれ以外のWebサイトを運営している。
  2. その中の WordPressサイトをもっと安定して運営したいと思っている。
  3. しかし、丸ごと新しいレンタルサーバーサービスに引っ越すのは大変なので避けたい。

このような状況にあり、「毎月500円だけ費用が追加されるが、WordPressサイトだけ wpXクラウドに引っ越しして安定化させよう」と思える人。

少し特殊なサービスなので、向いている状況も限定されます。

7. 総評

まず、wpXクラウドはかなり特殊なサービスですので、このサービスが自分にとって必要かどうか判断できる人でないと使うことはないと思います。

wpXレンタルサーバーも少し特殊なレンタルサーバーですが、運営するサイトが WordPress だけであると確実に決っている人にとっては、「高速」であったり「セキュリティが強化されている」などのメリットを得られるため、検討する価値があります。「WordPressだけ」という部分に少しでも不安を感じるのであれば、エックスサーバーのX10プランを選んだ方がよいでしょう。



6. 「wpX」の年表

「wpX」に関するこれまでのプレスリリース等を表にしました。

※ あくまでも調査できた範囲での情報になります。

日付 内容
2017年
2017/12/25 電話サポートにおける音声ガイダンス導入
2017/12/06 「HTTP/2」対応
2017/08/04 データベース容量大幅増加
2017/08/01 『wpXレンタルサーバー』機能改善(メールアドレスの一括削除機能)
2017/06/22 「Webフォント」機能提供開始(モリサワのWebフォントが無料で手軽に使える)
2017/06/12 「PHP 7.1」導入
2017/06/12 PHP 7.0、PHP 5.6 アップデート
2017/03/13 「WEBメール」機能のデザインリニューアル
2017/02/28 WordPressの「REST API」に対する国外IPアドレスからのアクセス可否を変更できる「REST API アクセス制限」機能追加
2017/02/13 推奨PHPバージョン変更(7になった)
2016年
2016/12/01 『管理パネル』デザインリニューアル
2016/08/18 Nginx導入
2016/08/17 無料でWordPressの常時SSL化が可能に!「独自SSL設定」機能追加
2016/06/22 PHP 7.0、PHP 5.6 アップデート
2015年
2015/12/09 PHP5 の2倍以上の実行速度を誇る「PHP7」導入
2015/12/09 「PHP5.6」導入と「PHPバージョン切替」機能追加
2015/07/30 機能追加・仕様変更による利用制限緩和(これまで利用できなかったWordPressプラグインが使えるようになった)
2015/07/17 『wpXクラウド』「キャッシュ設定」機能追加
2015/07/08 「管理パネル」デザインリニューアル
2015/07/02 『自動バックアップ』機能におけるバックアップデータの提供価格、および提供する対象バックアップデータの変更
2015/07/02 『自動バックアップ』機能におけるMySQLデータベースのバックアップデータに関する提供無償化
2015/06/11 『wpXレンタルサーバー』サービス改定
2015/06/11 最新サーバー機器への交換・基盤システムの高速化によるサーバー大幅増強
2015/06/05 「エラーログ」機能追加
2015/05/15 WordPressの「XML-RPC」機能に対するセキュリティ向上を目的とした国外IPアドレスからのアクセス制限の実施および『XML-RPC API アクセス制限』機能追加
2014年
2014/12/12 『wpXレンタルサーバー』国外ネットワークからの「POP before SMTP」の廃止とSMTP認証への変更のお願い
2014/11/17 PHPアップデート実施
2014/10/30 「WordPress」のコメント・トラックバック機能に対するセキュリティ強化
2014/07/03 PHPの設定変更が可能な「php.ini設定」機能の追加
2014/03/23 PHPアップデート実施
2014/03/04 セキュリティ対策の強化
2013年
2013/02 サービス開始

被災者に対する特別措置

被災した地域のユーザーに対して、サービス利用期間を無償で延長する取り組みを行っています。

日付 内容
2018年
2018/02/13 平成30年2月4日からの大雪により被災されたお客様への特別措置
2017年
2017/10/31 平成29年台風第21号により被災されたお客様への特別措置
2017/09/21 平成29年台風第18号により被災されたお客様への特別措置
2017/08/01 平成29年7月22日からの大雨により被災されたお客様への特別措置
2017/07/07 平成29年7月5日からの大雨により被災されたお客様への特別措置
2016年
2016/12/23 平成28年新潟県糸魚川市における大規模火災により被災されたお客様への特別措置
2016/10/25 平成28年鳥取県中部地震により被災されたお客様への特別措置
2016/09/01 平成28年台風10号により被災されたお客様への特別措置
2016/04/28 平成28年(2016年)熊本地震により被災されたお客様への特別措置の追加実施
2016/04/15 平成28年(2016年)熊本地震により被災されたお客様への特別措置
2015年
2015/09/17 平成27年 台風18号などの影響により被災されたお客様への特別措置

-クラウドサーバー, 共用サーバー

執筆者:fitallright

関連記事

コアサーバーの紹介

目次1. CORESERVER (コアサーバー) について2. レンタルサーバーの種類3. プラン比較4. 主な機能・サービス 今どきなスペックです リージョンが複数用意されている 転送量の目安が分か …

ConoHa WING の紹介

目次1. ConoHa WING について2. レンタルサーバーの種類3. プラン比較4. 主な機能・サービスWINGパック高速・高機能・高安定性日本国内最速のレンタルサーバー高速性安定性定額制と時間 …

JETBOY の紹介

目次1. JETBOYについて2. レンタルサーバーの種類3. プラン比較4. 主な機能・サービス 高速性 上位プランへの変更は可能 無料SSLサーバー証明書が利用できます 高速Webサーバー Lit …

さくらのレンタルサーバーの紹介

目次1. さくらのレンタルサーバーについて2. レンタルサーバーの種類3. プラン比較4. ポイント5. 主な機能・サービス 高速化の取り組み バックアップ&ステージング機能 独自SSL ライトプラン …

mixhost の紹介

目次1. mixhost (ミックスホスト) について2. レンタルサーバーの種類3. プラン比較4. 主な機能・サービス高速へのこだわりクラウドに似た独立した環境データを守る体制自動バックアップ&リ …

ロリポップ!「スタンダードプラン」
さくらのレンタルサーバ「スタンダードプラン」