専用サーバー

WADAX 専用サーバーの紹介

投稿日:2018年6月22日 更新日:

WADAX のレンタルサーバーサービスには、「共有サーバー」「専用サーバー」「プライベートクラウド」がありますが、ここでは「専用サーバー」のみを対象としています。

1. WADAX と「専用サーバー」サービスについて

サービス名 WADAXレンタルサーバー
ターゲット 大規模なWebサイトを安定して運営したい法人
プランと
価格帯

マネージドプラン

  • プラン1: 30,000円/月
  • プラン2: 35,000円/月
  • プランSSD: 約 40,000円/月

セルフプラン

  • プラン1: 20,000円/月
  • プラン2: 25,000円/月
  • プランSSD: 約 30,000円/月
運営会社 GMOクラウド株式会社

WADAX は、GMOクラウド株式会社が運営するレンタルサーバーサービスです。

元々の運営会社である株式会社ワダックスは、2004年に法人向けレンタルサーバーサービスを開始しています。

WADAX は、大きく分けると「共有サーバー」「専用サーバー」「プライベートクラウド」という3種類のサービスを提供しています。

専用サーバーのプラン体系

専用サーバーには、以下の2種類のプランが用意されています。

(1) マネージドプラン
運用業務をWADAXに委託することのできます。
(2) セルフプラン
ユーザー側で運用業務を行います。

そして、この2つのプランは、サーバーのスペックによって「プラン1」「プラン2」「プランSSD」という3つに分かれます。

プラン1 プラン2 プランSSD
CPU Xeon E3
(4コア/8スレッド)
Xeon E5
(8コア/16スレッド)
メモリ 16GB
ストレージ HDDSAS2TB(RAID10) SSD400GB(RAID1)

ということで、結局プランは6つあることになります。

  1. マネージドプラン の プラン1
  2. マネージドプラン の プラン2
  3. マネージドプラン の プランSSD
  4. セルフプラン の プラン1
  5. セルフプラン の プラン2
  6. セルフプラン の プランSSD

2. レンタルサーバーの種類

専用サーバーです。

3. プラン比較

マネージドプラン セルフプラン
プラン1 プラン2 プランSSD プラン1 プラン2 プランSSD
初期費用 86,400 129,600 151,200 86,400 129,600 151,200
月額費用 30,240 36,720 41,040 19,440 25,920 30,240
1年分前払
(月換算)
332,640 円
(27,720 円/月)
403,920 円
(33,660 円/月)
451,440 円
(37,620 円/月)
213,840 円
(17,820 円/月)
285,120 円
(23,760 円/月)
332,640 円
(27,720 円/月)
CPU Xeon E3
(4コア/8スレッド)
Xeon E5
(8コア/16スレッド)
Xeon E5
(8コア/16スレッド)
Xeon E3
(4コア/8スレッド)
Xeon E5
(8コア/16スレッド)
Xeon E5
(8コア/16スレッド)
メモリ 16 GB 16 GB 16 GB 16 GB 16 GB 16 GB
HDD SAS2TB
(RAID10)
SAS2TB
(RAID10)
SSD400GB
(RAID1)
SAS2TB
(RAID10)
SAS2TB
(RAID10)
SSD400GB
(RAID1)
セキュリティアップデート
転送量課金 なし なし なし なし なし なし
転送量 無制限 (*1)
電話サポート
自動バックアップ 有料オプション

※ 金額はすべて税込みです。
※1 公式サイトによると「過去に転送量過多でご利用をご遠慮いただいたことはございません。 」とのこと。

4. マネージドプランの特徴・機能

サーバーに関する知識を持っている社員がいない企業や、サーバー業務に時間を掛けられない企業向けのプランです。サーバー業務を WADAX に委託することができます。24時間365日対応してくれます。

例えば、以下のような業務です。

  • サーバーの運用
  • セキュリティ管理
  • 不正アクセス対策
  • 新しいパッチやアップデートの適用
  • サーバー障害時の対応

どの項目も、ちゃんとやろうと思ったら片手間でできるものではありません。自信がない場合は、専門業者(WADAX) に任せたほうが安心です。サーバーを乗っとられて情報漏えいしてからでは遅いです。

セキュリティアップデート

ユーザーの代わりに、WADAX側で OSのセキュリティアップデートを実行してくれます。

サーバー業務を委託できるマネージドプランですが、このアップデート作業は「明示的に頼まなくても勝手にやってくれる」作業になります。

サーバー管理ツールPlesk

サーバーに詳しい方は、ターミナルエミュレータを使い、サーバー上でコマンドを打ち込んで操作を行うことができます。しかし、Plesk を使うと、分かりやすい管理画面上で各種操作を行うことができるようになるため、そこまで詳しい知識が必要とされません。

マネージドプランということで、サーバー業務を委託することが基本となりますが、ユーザー側でも何か操作を行いたい場合は、Plesk が便利です。

WADAX指定のポリシーによる共用ファイアウォール配下

サーバー(コンピュータ)は通信を行う際、ポートと呼ばれるドアを開けます。通信するプログラムによってドアの番号はいろいろ決まっていたりします。ファイアウォールというのは、簡単に言うと「このドアは締めておく」「このドアは開けておく」という設定を行うソフトウェアです。必要ないドアは締めておかないと、外部から不正なアクセスがどんどんやってくるので、万が一サーバー側に脆弱性があったりすると、そこを突かれて攻撃されてしまうのです。

そしてこのファイアウォールの設定は結構面倒なのですが、マネージドプランのサーバーは、WADAX 側が設定してくれたファイアウォールの中にサーバーを配置してくれるので、自分で設定する必要がありません。

「マネージドプラン」なのでファイアウォールの設定も委託すればよいのですが、サーバーの目的にも依るものの、だいたい設定する内容は同じであることが多いので、予め用意されている「共用ファイアウォール」にサーバーが設置されるのがラクなのだと思われます。

24時間365日サーバー監視 (http/pop/smtpなど)

WADAX側の監視専任スタッフが、24時間365日サーバーを監視してくれます。

ハードウェアメーカが提供する管理ツールも使用しており、ハードウェアの異常を検知したら、すぐにユーザーにメール連絡が送られるようになっています。

ミッションクリティカルなシステムを運用している場合には、非常にありがたいサービスです。

ディスク容量の監視

ディスクの容量が少なくなってきたら、ユーザー側に電話もしくはメールでお知らせしてくれます。

5. セルフプランの特徴・機能

手厚いサポート

法人向けサービスということもあり、WADAX は サポートを非常に重視していますので、セルフプランであっても、サポートは充実しています。(自分たちのサポートを「NO! と言わないWADAXのサポート」と表現しています。)

電話メールフォーム のどのサポートであっても、以下の時間内であれば無料でサポートを受けることができます。

365 無料サポート
[平日] 午前 9 時 ~ 午後 10
[土日祝] 午前 9 時 ~ 午後 6

基本的に、セルフプランを選ぶユーザーはインターネットやサーバーに関して、かなりの知識を持っていると思いますが、全ての担当者がそうとは限りません。WADAX のサポートでは、インターネットの基礎的な知識がないお客様でも、かなり親切に対応して頂けます。

充実のサーバー監視【標準機能】

セルフプランであっても、サーバーの死活監視・ハードウェア障害復旧対応が標準で対応しており、専任スタッフが速やかに対応してくれます。

セルフプランでは監視画面、リモートコンソールも標準提供されるので、ユーザー側でサービスやリソースの監視・対応を容易に行うこともできます。

セキュリティ対策も、サポートも万全【標準機能】

不正侵入検知予防サービス(IPS)

セコムトラストシステムズの不正侵入検知予防サービス(IPS)が標準装備されます。IPS とは「Instruction Prevention System」の略で、不正侵入防止システムとも呼ばれます。通信データを監視して、問題を検出したらその種類の通信をブロックします。WADAX の専用サーバーでは、この IPS を使って不正アクセスを24時間監視しています。

DoS/DDoS攻撃防御

DoS攻撃やDDoS攻撃とは、一度に大量のアクセスを行う攻撃で、ネットワークの負荷を高めて他のユーザーからのアクセスを邪魔したり、サーバーをダウンさせようとします。

WADAX 専用サーバーでは、セコムトラストシステムズのDoS/DDoS攻撃防御専用機器が導入されているので、これらの攻撃を素早く検知して、安定したサービスの提供を維持することができます。

24時間365日リブート無料

サーバーがダウンしてしまった場合などに、サーバーを再起動してくれます。
ただ再起動してくれるだけではなく、原因究明に関するアドバイスも実施されます。

6. マネージドプラン、セルフプラン 共通の特徴・機能

OS の選択肢

標準提供は、

  • CentOS7(64bit版)
  • CentOS6(64bit版)

有償提供は、

  • Red Hat Enterprise Linux7(64bit版)
  • Red Hat Enterprise Linux6(64bit版)

また、セルフプランでは以下のOSも有償提供として用意されています。

  • Windows Server 2008 R2 Standard(64bit版)
  • Windows Server 2012 R2 Standard(64bit版)

選択肢は少ないですが、法人向けのサービスであるため、上記の OS から選べるのであれば問題はあまりないと思います。

充実したオプションサービス【オプション】

様々な有償オプションが用意されています。自分たちに必要なものを選びましょう。
どんなオプションがあるか箇条書きしておきます。

セキュリティ

  • WAF (Webアプリケーションファイアウォール)
  • WordPress脆弱性診断KYUBI
  • エフセキュアアンチウイルス クラウド
  • 脆弱性診断&マルウェア対策「SiteLock」
  • Sitelockワンショット診断
  • SSLサーバー証明書
  • グローバルサイン SSL証明書
  • セキュリティ診断サービス(脆弱性診断)
  • セコム SSL証明書
  • 診断/不正侵入検知防御システム(IPS)
  • セキュリティオプション(レポート付き)

メール機能

  • 添付ファイル自動暗号化送信機能(シンプルメール)
  • Active! hunter
  • モバイル対応Webメール Active! mail
  • メールアーカイブ Active! vault
  • Pleskメール系オプション

UTM(Unified Threat Management=統合脅威管理)

  • FortiGate
  • VSR

運用サポート

  • Plesk
  • サーバー監視復旧オプション
  • 各種作業代行サービス
  • 移転代行サービス
  • 電源ON/OFF
  • IPアドレス追加
  • ドメイン登録情報の変更または非表示

アプリケーション

  • Movable Type

Web活用支援

  • サイボウズ
  • システム開発
  • サーバーセキュリティコンサルティング
  • ホームページ制作

HDD構成

  • RAID構成

メモリ追加

  • メモリ追加

回線

  • 帯域保証
  • TOKAIまたは他者回線引き込み

可用性

  • vDNSオプション
  • Arcserveバックアップ
  • NASバックアップ
  • クラウドストレージ
  • バックアップオプション

7. 総評

ミッションクリティカルで大規模なウェブサイトを運用している法人にとって、理想的なレンタルサーバーサービスの1つです。

サービスの内容・種類、サポート体制どれをとっても問題ありません。料金が高いだけのことはあります。

大切なのは、自分たちのウェブサイトにとってちょうどよいスペックなサーバーであるかどうかの見極めです。このレベルのサーバーになると、かなりのPV(ページビュー)があったり、重い処理が伴っているなどのウェブサイトでないとオーバースペックになってしまい、コストだけが高くなってしまいます。そこさえハッキリさせておけば、きっと満足するサービスになるでしょう。

プランの選定をするならば、まず 自分たちでサーバー業務を行うかどうかで、「マネージドプラン」か「セルフプラン」かが決まります。あとは、サーバースペックをどこまで求めるかで「プラン1」、「プラン2」、「プランSSD」が決まります。

8. 「WADAX 専用サーバー」の年表

「WADAX の専用サーバー」に関するこれまでのプレスリリース等を表にしました。運営会社に関する情報も記載しています。
※ あくまでも調査できた範囲での情報になります。

日付 内容
2018年
2018/05/21 Windows Server OS 、Microsoft SQL Server 提供開始のお知らせ
2018/04/23 高速Web表示(HTTP2)対応開始のお知らせ
2018/04/23 「PostgreSQL複数バージョン選択機能」の設定代行サービス 提供開始のお知らせ
2018/02/05 「セキュリティオプション」「バックアップオプション」提供開始のお知らせ
2017年
2017/06/19 WADAX専用サーバー/プライベートクラウド「セキュリティ診断サービス」リニューアルのお知らせ
2017/05/29 WADAX専用サーバー/プライベートクラウド「クラウドストレージ」提供開始のお知らせ
2017/04/26 監視サービスリニューアルのお知らせ
2017/01/23 専用サーバー リニューアルのお知らせ
2016年
2016/12/19 新サービス提供開始のご案内(SiteLock)
2016/10/14 専用サーバー/プライベートクラウド Red Hat Enterprise Linux6 価格変更について
2016/07/25 専用サーバー/プライベートクラウド WAFオプションSiteGuardLite 3.00 Update1提供開始のお知らせ
2016/04/25 Arcserve UDP v6 Advanced Edition提供開始のお知らせ
2016/03/01 WADAX専用/共用サーバー シンプルメール提供開始のお知らせ
2016/03/01 WADAX専用サーバー/プライベートクラウド「Parallels Plesk 12.5」提供開始のお知らせ
2015年
2015/10/05 CentOS7(64bit版)の提供開始のお知らせ
2015/07/15 WADAX専用サーバー/プライベートクラウド「Parallels Plesk 12」取り扱い開始のお知らせ
2015/07/01 経営統合のお知らせ
2015/05/18 WADAX専用サーバー「WordPress脆弱性診断KYUBI」リリースのお知らせ
2014年
2014/11/05 WADAX専用サーバー「Arcserveバックアップ」リリースのお知らせ
2014/11/05 WADAX専用サーバー「vDNSオプション」リリースのお知らせ
2014/07/10 WADAX専用サーバー/WADAXプライベートクラウド「エフセキュアアンチウイルス」リリースのお知らせ
2013年
2013/09/05 FortiGateのUTMサービス提供開始のお知らせ
2013/07/02 WAFオプション(SiteGuard)顧客満足度No.1を獲得のお知らせ
2013/02/13 専用サーバーサービス新サーバースペックタイプ「SSD+HDD」リリース
2012年
2012/11/01 「WADAX専用サーバーサービス」リニューアル
2012/02/01 商号(社名)変更(「株式会社ワダックス」から「GMOクラウドWEST株式会社」へ)
2011年
2011/04/26 専用サーバーをリニューアル致しました!
2010年
2010/08 株式会社ワダックスが、GMOホスティング&セキュリティ(現・GMOクラウド)に買収され、GMOクラウドの100%連結子会社となった。
2010/07/30 スーパーハイエンドプランにて最新のCPUを採用しました!
2010/01/28 業界トップレベルの大容量「1TB(テラバイト)」ディスクを搭載した専用サーバーをリリース!
2009年
2009/12/03 全プラン 初期費用50%OFFキャンペーン! さらにスタンダード・スタンダードRAIDのメモリ4GBへ増量無料!
2009/09/01 WADAX、専用レンタルサーバーの新サービスをリリース!
2009/09/01 キャンペーン実施中!初期費用30%~50%OFF! さらにスタンダード・スタンダードRAIDのメモリ4GBへ増量無料!
2009/09/01 WADAX、専用レンタルサーバーの新サービスをリリース!
2009/05/21 RAID6を導入した業界最高レベルのスペックを提供する 専用サーバーサービス開始
2009/04/01 おかげさまで、契約者数が3万社を超えました。
2007年
2007/12/28 「Red Hat Enterprise Linux 5」提供開始
2007/11/06 ホライズン・デジタル・エンタープライズ社と業務提携
2006年
2006/08/01 レッドハット(Red Hat, Inc.)と業務提携
2004年
2004/12 法人向けレンタルサーバーサービスを開始
2004/01 株式会社化。株式会社ワダックスに組織変更。
2000年
2000/03 ホスティング事業開始
1998年
1998/10 創業

-専用サーバー

執筆者:fitallright

関連記事

シックスコア 専用サーバー の紹介

2020年8月20日 シックスコアは、同社が運営する法人向けレンタルサーバー「エックスサーバービジネス」に統合されることになりました。 🔗 法人向けレンタルサーバー「エックスサーバービジネス」へのサー …

ロリポップ!「スタンダードプラン」
さくらのレンタルサーバ「スタンダードプラン」