基礎知識

PHPバージョンのサポート状況について

投稿日:

1. 共用サーバーとPHPのバージョン

たいていの共有サーバーでは、標準で PHP が使えるようになっています。しかし、対応しているPHPのバージョンは様々です。

共用サーバーのスペックには、「利用できるPHPのバージョン」という項目(サービスによって呼称は違います)がありますので、そこに書いてある説明を参考にすることになります。

例えばエックスサーバーの PHPのバージョンについて というページには、特定のバージョンに対して「現在公式にサポートされているバージョンです。」や「旧バージョンです。」といった説明が記載されています。

エックスサーバーの「PHPのバージョンについて」ページ

PHPのバージョンは定期的に上がっていきますので、どのバージョンであれば問題ないのかよく分からない方もいるでしょう。

2. PHP公式のサポート情報

こういったPHPの各バージョンのサポート情報というのは、PHP公式サイトの PHP: Supported Versions が一次情報源となっており、レンタルサーバー運営企業もここを見ているはずです。

PHP公式の「Supported Versions」ページ

このページでは、各バージョンのサポート状態の流れがグラフで示されているのですが、これを見ると数年先までスケジュールが立てられていることが分かります。

サポートには以下の3種類があり、1 → 2 → 3 と状態が移行していきます。

No. サポートの状態 説明
1 Active support サポートされている状態です。
2 Security fixes only 致命的なセキュリティの問題があった場合のみ修正が入る状態です。
3 End of life サポートが終了した状態です。

3. レンタルサーバー運営企業の対応

では、レンタルサーバー運営企業はこのサポートに対して、どのように対応しているのでしょうか? ここは 運営企業の姿勢・やる気が表れるポイントですので、共有サーバーを選定する際にはチェックしたいところです。

例えばエックスサーバーでは、おおよそ以下の対応をしているようです。

  • 新しいバージョンがリリースされると、そこから数カ月後にそのバージョンが導入され選択可能となる。
  • デフォルトで適用されるバージョンが Security fixes only になると、そこから数カ月~半年後くらいに、次のバージョンをデフォルトにする。

この対応で十分だと思います。他のサービスを見る際には、これを基準として比較すると判断しやすいのではないでしょうか。

4. まとめ

現状、PHPの各バージョンがどのようなサポート状態なのかについて知りたい場合は、レンタルサーバー運営企業のページを見るだけでなく、PHP: Supported Versions も確認することをお勧めします。

-基礎知識

執筆者:fitallright

関連記事

共用サーバーの「SSH接続」について

VPSはもちろんのこと、共用サーバーであっても「SSH」が使えるプランが多く存在しています。 レンタルサーバー業者によっては、「シェルログイン(SSH)」という項目になっている場合もあります。 本ペー …

レンタルサーバーを解約する際は、「料金の自動更新」に気を付けましょう

レンタルサーバーを解約する場合、「サーバーが本当に必要な期間以外の料金」は払いたくないですよね。 「解約の申請が遅かったばかりに、1ヶ月間余分に利用料金を払うことになった」というのは避けたいところです …

【WordPress】.htaccess ファイルに記述された mod_rewrite モジュール設定の意味

WordPress の .htaccess に記述される mod_rewrite 設定内容について説明します。

【初心者向け】レンタルサーバーで何ができるのか?

レンタルサーバーを借りると何ができるのでしょうか? レンタルサーバーがどういったものなのか分からない方のために、「レンタルサーバーを借りるとできること」の基本について具体的な手順とその画面などを交えて …

ブログサービスに対するレンタルサーバーの利点

目次ブログサービスとレンタルサーバーレンタルサーバーは自由度が高いブログサービスはあくまで「ブログ(ブログ形式のウェブサイト)」であるまとめ ブログサービスとレンタルサーバー ブログサービスというのは …

ロリポップ!「スタンダードプラン」
さくらのレンタルサーバ「スタンダードプラン」