専用サーバー

シックスコア 専用サーバー の紹介

投稿日:2018年5月30日 更新日:

シックスコアには、「共有サーバー」と「専用サーバー」とがありますが、ここでは「専用サーバー」のみを対象としています。

1. シックスコアについて

サービス名 シックスコア(専用サーバー)
ターゲット 大規模なWebサイトを安定して運営したい法人
プランと
価格帯
  • 1プランのみ
  • 初期費用: 約 100,000円
  • 月額費用: 約 30,000円/月
運営会社 エックスサーバー株式会社

シックスコアは、エックスサーバー株式会社が運営するレンタルサーバーサービスです。

エックスサーバー株式会社

企業理念

「最高」を提供する

企業目標

お客様のため

インフラサービスを基軸に最高のインターネットサービスを創る

社員のため

社員一人一人が成長・幸せを実現できる企業を目指す

2009年、「ビジネス仕様のマルチドメイン対応高性能レンタルサーバー」という紹介でサービスが開始しています。

シックスコアは、「共有サーバー」と「専用サーバー」の2種類のサービスが用意されています。

専用サーバーには、プランは1つしかありません。

共有サーバーについては以下を御覧ください。

シックスコア 共有サーバー の紹介

2018.05.28

2. レンタルサーバーの種類

専用サーバーです。

3. 主要な機能一覧

初期費用(税抜) 100,000
利用料金(税抜)
(1ヶ月契約の場合)
30,000 円/月
利用料金(税抜)
(12ヶ月契約の場合)
27,000 円/月
ディスク容量 1,000 GB
CPU Xeon6コア
メモリ 24 GB
マルチドメイン 無制限
転送量課金 なし
転送量の目安 70 GB/日
PHP FastCGI版
MySQL5 無制限
WordPress
簡単インストール
電話サポート
無料独自SSL
メールアドレス 無制限
自動バックアップ ※1 サーバー上のデータを毎日自動でバックアップし、サーバー領域のWeb・メールデータ「過去7日分」、MySQLデータベース「過去14日分」のデータを保持している。
バックアップデータの提供は有料。

※ 初回は「合計金額」の一括前払いでの支払いになります。

4. 特徴・機能

サーバーがハイスペック!

以下の高性能サーバーをまるごと借りることができます。

  • ディスク容量: 1,000GB(= 1TB)
  • CPU: Xeon6コア
  • メモリ: 24GB
  • ハードディスク構成: RAID1 (ミラーリング) + RAID0(ストライピング)
  • 回線: 2Gbps

RAID1 + RAID0 は RAID10 とも表現しますが、簡単に言うと「データを二重に持たせながら、同時に複数台のハードディスクにそれを分散させてアクセスを高速化」する技術です。

動作が重いウェブサイトもしくはウェブアプリケーション、またウェブとは関係ない重いプログラムを動かす必要がある場合に適しています。

フルマネージドな専用サーバーです

サーバーを1台丸ごと借りますが、ユーザー側がサーバーの専門知識を持っている必要はありません。
本来は専門知識がないとできない各種サーバーの操作を、管理パネルから行うことができます。

WordPress などのプログラムも簡単にインストールすることができます。

様々なセキュリティ対策機能

メールのセキュリティ対策

ウィルスチェック(F-Secure)

F-Secure社のウィルスチェックが標準で有効になっています。送信メール・受信メール・転送メールの全てに対してて、チェックされます。

スパムチェック(Cloudmark)

Cloudmark社のスパムチェックエンジンを利用することができます。これは、エックスサーバーで利用することのできる SpamAssassin というウィルスチェックソフトウェアよりも精度が高いです。

ウェブのセキュリティ

WAF(ウェブアプリケーションファイアーウォール)

WAF とは、ウェブサイトへの通信内容をリアルタイムにチェックし、SQL インジェクションやクロスサイトスクリプティングといった攻撃を検知する機能を指します。管理パネルでは、攻撃の種類毎にオン/オフを切り替えることができます。

独自ドメインが1つ貰える(プレゼントドメイン)

独自ドメインが 1つ貰えます。このサーバーを使っている期間は、更新費用も掛かりません。

ジオトラスト社のクイックSSLプレミアム

Let’s Encrypt を利用した無料独自SSL が用意されているだけでなく、「グローバルサインのクイック認証SSL」「ジオトラストのクイックSSLプレミアム」も無料で利用できます。こちらのSSL証明書であれば、「サイトシール」といって「クリックすると証明内容が見られる画像」も提供されています。法人のウェブサイトとして信頼性を高めるのに役立つでしょう。

サイトシールの例

参考:クイックSSL プレミアム|SSLサーバ証明書 ジオトラスト

転送量の目安

転送量の目安は、「70GB/日」となっています。

この数値は、エックスサーバーのX10プランと同じです。しかし、シックスコアの専用サーバーはマシンスペックが高いため、転送量(ここでは、アクセスする回数と同じ意味と捉えてください)は同じであっても1つ1つのアクセスに対して重い処理が動くようなウェブサイトであっても軽快にレスポンスを返すことが可能です。

5. 総評

転送量の目安「70GB/日」であるので、そう重くないウェブサイトであれば、シックスコアの共有サーバーを選択した方がよいです。この転送量は、シックスコア 共有サーバーの一番下のプランである S1 と同じだからです。

上にも書きましたが、一方、重い処理を伴うウェブサイトやウェブアプリケーションを公開する場合や、ウェブに限らずサーバー上で重い処理を実行させる必要がある場合には、専用サーバーが最適です。マシンスペックも高いですし、他のユーザーが実行する処理からの影響を受ける心配がありません。

もちろん 料金は高いので、サーバーを利用する目的が「この料金に見合うものなのか」を十分に考え、必要であれば電話サポートで事前に相談することをお勧めします。

6. 「シックスコア」の年表

「シックスコア」に関するこれまでのプレスリリース等を表にしました。

※ あくまでも調査できた範囲での情報になります。

日付 内容
2018年
2018/05/31 【重要】「ファイルマネージャ」「(旧)WEBメール」「phpMyAdmin」「お客様が運用中のWebサイト」における TLS1.0/1.1 の無効化について
2018/04/20 「共有SSL」機能の提供終了について
2018/04/20 全サーバープランで独自SSLが無料・無制限に利用可能に!「無料独自SSL」機能提供開始のお知らせ
2017年
2017/08/23 『共有サーバー』データベース目安容量の倍増のお知らせ
2017/08/01 『サーバー管理ツール』機能改善のお知らせ(メール・FTPアカウントの一括削除機能)
2017/06/22 モリサワのWebフォントが無料で手軽に使える!「Webフォント」機能提供開始のお知らせ
2017/04/12 新規受付サーバーにおけるサーバー基盤システム刷新のお知らせ
2017/02/28 WordPressの「REST API」に対する国外IPアドレスからのアクセス可否を変更できる「REST API アクセス制限」機能追加のお知らせ
2017/02/20 『共有サーバー』セコムセキュリティ診断サービスの対象サーバーの変更について
2016年
2016/10/20 よりわかりやすくなった新しい「アクセス解析」機能 提供開始のお知らせ
2016/04/26 「.htaccess編集」機能提供開始のお知らせ
2015年
2015/12/17 PHP5 の2倍以上の実行速度を誇る「PHP7」導入のお知らせ
2015/06/22 「MySQLバックアップ」機能追加のお知らせ
2015/02/27 ネットワークの大幅強化および「共有サーバー」における転送量の目安数値の大幅緩和について
2014年
2014/12/12 国外ネットワークからの「POP before SMTP」の廃止とSMTP認証への変更のお願い
2014/12/08 「共有サーバー」MySQLサーバーのハードウェア強化のお知らせ
2014/12/01 専用SSLにおけるSSL証明書の暗号化方式「SHA-2」への変更について
2014/11/17 国内初!Webサイトのコンテンツを最適化し、表示速度を向上させる「mod_pagespeed設定」機能追加のお知らせ
2014/08/01 「専用サーバー」におけるサーバースペックの大幅増強および初期設定費用の変更について
2014/01/16 「専用サーバー」サーバーデータが毎日自動でバックアップされる『自動バックアップ』機能追加のお知らせ
2013年
2013/05/02 「共有サーバー」におけるMySQLデータベース目安容量の緩和のお知らせ
2013/04/22 PHP5.4の導入およびPHPの負荷軽減、高速実行が可能となる「APC」対応のお知らせ
2013/04/10 「WordPressの管理ツール」に対するセキュリティ向上を目的とした国外IPアドレスからのアクセス制限の実施および「WordPress国外IPアクセス制限」機能の追加について
2013/03/29 各サーバープランにおける転送量の目安数値の変更について
2013/03/22 メールボックス容量が最大5,000MBまで設定可能に!メールアカウント・追加FTPアカウントにおける、設定可能な容量上限の変更のお知らせ
2012年
2012/12/12 「専用サーバー」におけるディスク容量増加のお知らせ
2012/11/24 「専用サーバー」サーバー機器の性能向上・基盤システムの高速化によるサーバー大幅増強およびMySQLデータベースのアップデートのお知らせ
2012/11/24 「共有サーバー」最新サーバー機器への交換・基盤システムの高速化によるサーバー大幅増強およびMySQLデータベースのアップデートのお知らせ
2012/10/23 「共有サーバー」各サーバープランにおける転送量の目安数値の緩和について
2012/07/13 「共有サーバー」7日間分のサーバーデータが自動でバックアップされる『7バックアップ』提供開始のお知らせ
2012/07/06 「共有サーバー」7日間分のサーバーデータが自動でバックアップされる『7バックアップ』機能追加のお知らせ
2012/07/06 「共有サーバー」『7バックアップ』機能の提供開始に伴う利用規約改定のお知らせ
2012/03/01 『専用サーバー』におけるプラン統一、料金大幅値下げなど、サービス改定のお知らせ
2012/01/30 「共有サーバー」MySQLサーバーにおけるサーバー大幅強化のお知らせ
2011年
2011/09/30 CGI/PHPの負荷軽減、高速実行が可能となる「FastCGI」対応および「PHP高速化設定2(FastCGI化)」機能追加のお知らせ
2011/05/09 「共有サーバー」エラーログの閲覧・ダウンロード機能提供開始のお知らせ
2011/04/28 アクセス解析機能大幅強化のお知らせ
2011/03/07 『MySQLサーバー』における最新サーバー機器へのハードウェア増強のお知らせ
2010年
2010/08/12 php.iniの設定が簡単に行える「php.ini設定」機能追加のお知らせ
2010/07/13 PHP・CGIプログラムの表示をより快適・高速に「Xキャッシュ」機能追加のお知らせ
2010/02/22 「共用サーバー」ディスク容量大幅増加のお知らせ
2010/02/19 メールウイルスチェックシステム変更のお知らせ
2010/02/04 FTPアクセス制限機能提供開始のご案内
2009年
2009/05/07 マネージドタイプの専用サーバー開始のお知らせ
2009/01/07 レンタルサーバー「シックスコア」サービス開始のお知らせ

-専用サーバー

執筆者:fitallright

関連記事

WADAX 専用サーバーの紹介

WADAX のレンタルサーバーサービスには、「共有サーバー」「専用サーバー」「プライベートクラウド」がありますが、ここでは「専用サーバー」のみを対象としています。 目次1. WADAX と「専用サーバ …

ロリポップ!「スタンダードプラン」
さくらのレンタルサーバ「スタンダードプラン」