コラム

PaaS を使ってウェブサイトを公開するべきか?

投稿日:

1. PaaS とは

「共用サーバー」や「VPS」を借りる以外でウェブサイトを公開するための方法の1つとして「PaaS」があります。

PaaS とは Platform as a Service の略で、今回の場合で言えば

ウェブサイト(またはウェブアプリケーション)を公開するためのプラットフォームをサービスとして提供しますよ

といったサービスです。Google App Engine (GAE) や Heroku などが有名です。

2. PaaS の特徴

柔軟なリソース割当て

一般的に PaaS はクラウドを使って提供されているため、リソース (CPU、メモリ、ストレージ) の割当が柔軟に行えるというのが特徴の1つになっています。

ファイルのアップロード方法

また、レンタルサーバーの場合であれば、ウェブサイトを構成するフォルダーやファイルを FTPツールを使って ウェブサーバーにアップロードして公開するという方法が一般的ですが、PaaS では コマンドを使ってアップロードします。例えば、Google App Engine の場合であれば以下のコマンドを実行します。

$ gcloud app deploy

PaaS によっていろいろな制限がある

共用サーバーなどのレンタルサーバーサービスは、「ウェブサーバーが導入されたサーバーの一部分をそのまま貸す(大雑把な説明です)」というものであるのに対して、PaaS は「作り込まれたサービス」であるため、独自の作法や制限があったりします。

3. PaaS を使うべきか?

コマンドを使う」ことから分かるように、PaaS というのはコンピュータを仕事にしているような人でないと使いこなせないサービスです。

また、PaaS 毎に独自の制限があったり、専用のライブラリを使ってプログラムを記述する必要があるため、一度 特定の PaaS でウェブサイトを作ってしまうと、他の PaaS やレンタルサーバーにサイトを引っ越しするのがとても大変になります。

これらのことから、コンピュータやウェブの専門家でもない限り、普通のウェブサイトを公開したいだけであれば、共用サーバーなどのレンタルサーバーサービスを使うことをお勧めします

現在、レンタルサーバーサービスには大きな変化がなく、活気があるとは言えない状態であるため、他のサービスを使ったほうが良いのではないかと思う方がいるかもしれませんが、まだその段階ではないと思っています。

-コラム

執筆者:fitallright

関連記事

レンタルサーバー(共用サーバー)のパスワード制限機能(BASIC認証)について

共用サーバータイプのほとんどのレンタルサーバーには、「パスワード制限」機能(レンタルサーバー業者によって呼び方が違っていたりします)が用意されています。 この機能は、「BASIC認証」という HTTP …

ブログサービスを利用するよりレンタルサーバーでのサイト公開をお勧めしたい

ブログサービスを使う場合、後になって後悔することがあります。 特に多いのが、今まで書いてきた記事データや画像データを取得したい場合です。 ブログを他のサービスに引っ越しする際に、それは起こります。 ブ …

no image

『スターサーバーフリー』『ウェブクロウ』無料プランにおいて更新手続きが義務化されました

『スターサーバーフリー』『ウェブクロウ』無料プランにおける更新手続きの義務化について(2018/11/27) / 格安ドメイン取得のスタードメイン 『スターサーバーフリー』と『ウェブクロウ』の無料プラ …

ロリポップ!「スタンダードプラン」
さくらのレンタルサーバ「スタンダードプラン」