コラム

ブログサービスを利用するよりレンタルサーバーでのサイト公開をお勧めしたい

投稿日:

ブログサービスを使う場合、後になって後悔することがあります。

特に多いのが、今まで書いてきた記事データや画像データを取得したい場合です。

ブログを他のサービスに引っ越しする際に、それは起こります。

ブログサービスでは、今まで書いてきた記事や、サイトにアップロードして載せてきた画像を自由にダウンロード(エクスポート)するということがなかなかできません。サービス側としてはそう簡単に許可したくない行為です。簡単に他のサービスへ引っ越しされてしまうからです。

この点、レンタルサーバーサービスは自由です。ウェブサイト丸ごと自分で管理しますので、ファイルのアップロード・ダウンロードが自由自在です。借りているサーバーに何か問題があれば、引っ越しも自由です。

ブログも含めウェブサイトというのは、はじめはどうなるか分からないことが多いものです。すぐに飽きてやめてしまうことも多いでしょう。しかし、ある程度続けていくことができた場合には、早い段階で「もしも、他のサービスに引っ越す時が来たら、ラクに引っ越せるだろうか?」と考えてみることです。傷が浅いうちに、レンタルサーバーサービスへの引っ越しを検討しましょう。

もちろん、はじめからレンタルサーバーサービスを利用して自分の自由になるサーバースペースを確保し、そこでブログなりウェブサイトなりを公開する方がラクです。無料レンタルサーバーサービスでも問題ありません。

大抵のレンタルサーバーサービスでは、ブログツールである WordPress が簡単に設置できるようになっています(他のツールも)。なので、自分でサーバーを借りてウェブサイトを始めるためのハードルはかなり下がっていると言ってよいと思います。

もう一度書きますが、無料のレンタルサーバーサービスでよいのです。ブログやウェブサイトを始めたい場合は、まずは一度試してみて下さい。無料のレンタルサーバーを紹介しても、私にメリットはありません。私の後悔した過去を思い出してこれを書いています 😥。

お勧め無料レンタルサーバーの比較

2018.03.13

-コラム

執筆者:fitallright

関連記事

no image

『スターサーバーフリー』『ウェブクロウ』無料プランにおいて更新手続きが義務化されました

『スターサーバーフリー』『ウェブクロウ』無料プランにおける更新手続きの義務化について(2018/11/27) / 格安ドメイン取得のスタードメイン 『スターサーバーフリー』と『ウェブクロウ』の無料プラ …

no image

PaaS を使ってウェブサイトを公開するべきか?

目次1. PaaS とは2. PaaS の特徴柔軟なリソース割当てファイルのアップロード方法PaaS によっていろいろな制限がある3. PaaS を使うべきか? 1. PaaS とは 「共用サーバー」 …

レンタルサーバー(共用サーバー)のパスワード制限機能(BASIC認証)について

共用サーバータイプのほとんどのレンタルサーバーには、「パスワード制限」機能(レンタルサーバー業者によって呼び方が違っていたりします)が用意されています。 この機能は、「BASIC認証」という HTTP …

ロリポップ!「スタンダードプラン」
さくらのレンタルサーバ「スタンダードプラン」