コラム

『スターサーバーフリー』『ウェブクロウ』無料プランにおいて更新手続きが義務化されました

投稿日:2018年11月29日 更新日:

スターサーバーフリー』と『ウェブクロウ』の無料プランを継続するためには、3ヶ月毎に管理サイトにログインし、「無料更新ボタン」を押さなければいけなくなりました。

放っておかれたままのアカウントや、ウェブサイトが大量にあるでしょうから、サービス提供者側からすれば無駄なリソースはできる限りなくしたいと思うのは当然です。これくらいのことで、無料プランが維持できるのなら文句はありません。現実的な対応であると思いました。

追記 (2019/01/30)
エックスフリーも同じ手続きが必要になりました。
契約更新手続きの義務化について – 2019/01/30 | 無料レンタルサーバー【エックスフリー】

-コラム

執筆者:fitallright

関連記事

no image

PaaS を使ってウェブサイトを公開するべきか?

目次1. PaaS とは2. PaaS の特徴柔軟なリソース割当てファイルのアップロード方法PaaS によっていろいろな制限がある3. PaaS を使うべきか? 1. PaaS とは 「共用サーバー」 …

ブログサービスを利用するよりレンタルサーバーでのサイト公開をお勧めしたい

ブログサービスを使う場合、後になって後悔することがあります。 特に多いのが、今まで書いてきた記事データや画像データを取得したい場合です。 ブログを他のサービスに引っ越しする際に、それは起こります。 ブ …

レンタルサーバー(共用サーバー)のパスワード制限機能(BASIC認証)について

共用サーバータイプのほとんどのレンタルサーバーには、「パスワード制限」機能(レンタルサーバー業者によって呼び方が違っていたりします)が用意されています。 この機能は、「BASIC認証」という HTTP …

ロリポップ!「スタンダードプラン」
さくらのレンタルサーバ「スタンダードプラン」