ウェブサイト移転時、新旧どちらのサイトが表示されているか区別できるようにしておきましょう

投稿日:2018年11月21日 更新日:

ウェブサイトを別のサーバーに引っ越しする際、「ドメイン名とサーバーのIPアドレスの対応付け情報」をネームサーバーで変更するわけですが、この作業中にいつものURL(ドメイン名)でウェブサイトにアクセスしていると、

今、新旧どちらのサーバーに置いたウェブサイトが表示されているか分からない

という状況になることがあります。

こんな時は、ウェブサイトに 小さく印を付けておく と簡単に判別することができて便利です。

※ アクセスログで確認することもできますが、面倒ですので。

例えば WordPress であれば、使っているテーマのテンプレートファイル、ここでは footer.php を開き、どこか目立たないところに何か文字を追加しておきます。

<p class="copy">
  Copyright&copy;<?php bloginfo( 'name' ); ?>, <?php echo date( 'Y' ); ?>All Rights Reserved.
</p>

↓ “(new)” と書きました。※ 実際はもっと気付かれにくい文字でよいと思います。

<p class="copy">
  Copyright&copy;<?php bloginfo( 'name' ); ?>, <?php echo date( 'Y' ); ?>All Rights Reserved. (new)
</p>

こうしておくことで、

旧サーバー上のウェブサイトであれば、以下のように元の表示のままですが、…

旧サーバー上のウェブサイト
旧サーバー上のウェブサイト

新サーバー上のウェブサイトであれば、以下のように “(new)” が表示されます。

新サーバー上のウェブサイト
新サーバー上のウェブサイト

このように、新旧どちらのサーバーにアクセスしているか判別することができます。

-ウェブサイト運営

執筆者:fitallright

関連記事

エックスサーバー

【エックスサーバー】ブラウザキャッシュ機能

2018年9月6日 エックスサーバーに「ブラウザキャッシュ設定」機能が追加されました。 Expiresヘッダで表示速度を向上!「ブラウザキャッシュ設定」機能提供開始のお知らせ – 2018 …

エックスサーバー

【エックスサーバー】「Xアクセラレータ」機能の標準有効化について

2018年11月29日以降、エックスサーバーの「Xアクセラレータ」機能が標準で有効化されます。 (対象となるサーバーに順次適用されていきます) ■実施日 2018年11月29日以降、順次メンテナンスを …

Tips

WordPress でプラグインを使わずに meta description を出力する

WordPress の投稿ページに meta description を出力する方法について説明します。

エックスサーバー

エックスサーバーの 「mod_pagespeed設定」機能についてのメモ

2019年3月27日:「mod_pagespeed設定」機能の新規設定の受付が終了しました。 「mod_pagespeed設定」機能の新規設定の受付終了について – 2019/03/27 …

エックスサーバー

【エックスサーバー】「Xアクセラレータ」機能

2018年9月 Xアクセラレータ Ver.1 2018年9月11日 エックスサーバーに「Xアクセラレータ」という機能が追加されました。 従来の10倍以上のアクセス処理性能!Webサイトの高速化・同時ア …

ロリポップ!「スタンダードプラン」
さくらのレンタルサーバ「スタンダードプラン」