基本的な使い方

【エックスサーバー】特定のフォルダ以下にアクセスを制限したFTPユーザーを作成する

投稿日:2018年6月20日 更新日:

エックスサーバーで、レンタルサーバー上の特定のディレクトリ(フォルダ)以下 にしかアクセスすることのできない FTPアカウントの追加方法 について説明します。

1. エックスサーバーの FTPアカウント

エックスサーバーでは、独自ドメイン無制限に使え(マルチドメイン)、更にFTPアカウント無制限に追加することができます。

複数の独自ドメインを設定している場合、それぞれのドメインによって利用者が異なることがあり、関係のないドメインのディレクトリにはアクセスできないような FTPアカウントが必要になることがあります。(1つのサブドメインに限定する場合もあるでしょう。その場合も同様にディレクトリを限定できます。)

そのような場合のために、指定したドメインのディレクトリ以下にしかアクセスすることのできないFTPアカウントの追加手順について説明します。

2. FTPアカウントの追加手順

(1) エックスサーバーのウェブサイトにログインして、サーバーパネルにアクセスします。

(2) [FTP] – [FTP アカウント設定] をクリックします。

サーバーパネル画面
サーバーパネル画面

(2) 設定されているドメインが一覧されますので、目的のドメインの右側にある「選択する」リンクをクリックします。

ドメイン選択画面
ドメイン選択画面

(3) [FTPアカウントの追加]タブを表示して、FTPアカウント情報を入力していきます。

ここで重要なのは、接続先ディレクトリです。

追加するFTPアカウントは、この「接続先ディレクトリ」で指定したディレクトリの下しかアクセスできないようになります。

全ての項目を入力したら「FTPアカウントの作成(確認)」ボタンを押します。

FTPアカウントの追加画面
FTPアカウントの追加画面

※ この画面の下の方にも書いてありますが、接続先ディレクトリを指定すると「FTP制限」が適用されない場合がありますので、併用する場合は注意していください。

(4) 表示された内容に問題がなければ、「FTPアカウントの作成(確定)」ボタンを押します。

FTPアカウントの追加 確認画面
FTPアカウントの追加 確認画面

(5) これでFTPアカウントが追加されました。

FTPアカウントの追加 完了画面
FTPアカウントの追加 完了画面

3. FTPクライアントでアクセスしてみる

ここでは 先程追加したFTPアカウントを、FileZilla に設定してサーバーにアクセスしてみます。

FileZilla での設定

FileZilla のサイトマネージャーで、以下の画面のように [一般]タブ内を設定します。

FileZilla での設定
FileZilla での設定
設定項目 説明
プロトコル 「FTP – ファイル転送プロトコル」を選択します。
ホスト レンタルしているサーバーのホスト名を入力します。
暗号化 「明示的な FTP over TLS が必要」を選択します。
ログオンタイプ 「通常」を選択します。
ユーザー 追加したFTPアカウントの名前を入力します。
パスワード 追加したFTPアカウントのパスワードを入力します。

サーバーに接続してみる

設定が完了しましたらサーバーに接続してみましょう。

以下のようになっているのが分かると思います。

  • リモートサイト(接続先サーバー)のディレクトリが「/」となっていますが、ここが、FTPアカウントを追加した時に設定した「接続先ディレクトリ」になっています。
    ※「/」はルートといって、一番上の階層を意味します。最初に設定した「接続先ディレクトリ」が「一番上の階層」になっているということです。
  • 「..」は上の階層ですが、ダブルクリックしても移動できません。
FileZillaでサーバーに接続したところ
FileZillaでサーバーに接続したところ

4. おわりに

マルチドメインが使えるレンタルサーバーでは、「アクセスできるディレクトリを限定した FTPアカウントが作成できる」という機能は必須ですね。これができないと、ドメインやサブドメインの単位でサイト管理を分担する際に、間違って関係ないサイトのデータを上書きしてしまったなんてことが起こってしまいます。積極的に使っていくべき機能ですね。

エックスサーバー(XSERVER) の紹介

2018.03.27

-基本的な使い方

執筆者:fitallright

関連記事

エックスサーバーの無料独自SSLが自動更新に失敗したら手動で更新しましょう

エックスサーバーでは 無料独自SSL といって、無料でSSL証明書を発行する機能がついています。 この機能では、Let’s Encrypt というSSL証明書を自動で生成するツールを使って …

エックスサーバーでは、index.php よりも index.html が優先されます

エックスサーバーでの、index.html ファイルと index.php ファイルの取扱いについて説明します。優先順位の話になります。 目次1. 質問です。2. index.html と index …

エックスサーバーで SSHログインしてデータベースをバックアップする手順

エックスサーバーでデータベースのデータをバックアップ(コピー)するには、phpMyAdmin を使うのがラクですが、何らかの理由で phpMyAdmin が使えない場合は、SSHログインしてバックアッ …

FTPクライアントソフト「FileZilla」の使い方

目次FileZilla とは?インストール手順ダウンロードインストールFileZilla の使い方1. サイトマネージャーに接続先情報を登録する2. サイトマネージャーでの各種設定一般タブ3. サーバ …

ConoHa API を利用してサーバーを再起動するシェルスクリプトを書く

VPS である ConoHa には、API が用意されています。Web のプロトコルである HTTPS (TLS/SSL) を使って、特定のサーバーに命令を送ることで、いろいろな操作を行うことができる …

ロリポップ!「スタンダードプラン」
さくらのレンタルサーバ「スタンダードプラン」