VPS

ConoHa for Windows Server のレビュー・評価

投稿日:2018年9月28日 更新日:

1. ConoHa for Windows Server について

ConoHa for Windows Server

サービス名 ConoHa for Windows Server
ターゲット 安定して Webサイトを運営したい個人、法人
プランと
価格帯
  • WIN1GB: 1,800円/月(お勧め)
  • WIN2GB: 3,200円/月
  • WIN4GB: 5,900円/月
  • WIN8GB: 10,500円/月
  • WIN16GB: 19,500円/月
運営会社 GMOインターネット株式会社

ConoHa for Windows Server は、GMOインターネット株式会社が運営する VPS レンタルサーバーサービスです。 通常、VPS では Linux系のOS を自分で選んでインストールしますが、本サービスは Windows Server専用となります。

GMOインターネット株式会社は、ホスティングサービス ConoHa ブランド として

といった サービスも運営しています。本サービスは、2018年4月にリリースされました。



2. レンタルサーバーの種類

VPS サーバーです。

3. プラン比較

全部で以下の7つのプランがあるのですが、ここでは一番下のグレードから5つまでの比較表を作成しました。

  • WIN1GB
  • WIN2GB
  • WIN4GB
  • WIN8GB
  • WIN16GB
  • WIN32GB
  • WIN64GB
プラン WIN1GB WIN2GB WIN4GB WIN8GB WIN16GB
初期費用 無料
月額費用 1,800 3,200 5,900 10,500 19,500
時額費用 3.2 5.5 10.0 17.3 31.6
メモリ 1 GB 2 GB 4 GB 8 GB 16 GB
CPU 2 コア 3 コア 4 コア 6 コア 8 コア
ディスク容量(SSD) 50 GB 50 GB 50 GB 50 GB 50 GB
最低利用期間 無し
OSエディション Windows Server 2019 Datacenter Edition
Windows Server 2016 Datacenter Edition
データセンター 日本(東京)
リモートデスクトップ接続 可能。但し「サーバー管理」目的以外のリモートデスクトップ接続は利用できません。
Windows Server 2016 Hyper-V 利用可能
ネットワーク インターネット100Mbps共有
プライベートネットワーク1Gbps共有
グローバルIPアドレス IPv4アドレス1個
IPv6アドレス17個
データ転送量 課金無し、無制限。
プライベートネットワーク 契約者だけのネットワーク環境を構築可能。
API OpenStack準拠のAPI無料提供。
DNS ドメインのレコードを登録して使うことができるDNS機能を無料提供。
コントロールパネル ブラウザ上で、アカウント・請求情報の確認やサーバー管理ができます。
管理者権限 Administrator権限付与
電話サポート

4. テンプレート毎の特徴

テンプレート毎の主な用途は以下となります。

Windows Server Windows Server for Remote Desktop Windows Server for Remote Desktop + Office
  • Windows環境での開発
  • Hyper-Vを利用したい
  • Active Directoryで社内PCを一括管理したい
  • FXの自動売買
  • 短期間だけ実証実験を行う
  • 様々な端末からWindowsを使う
  • 外出先から社内PCにアクセスする
  • Officeで資料作成する
  • 災害時に備えてリモート環境を用意する

リモートデスクトップ接続(Remote Desktop)について

リモートデスクトップ接続とは、Windows パソコン上に別の Windows パソコンの画面を表示して操作することができる機能です。

接続先コンピュータのホスト名かIPアドレスを入力して接続します
接続先コンピュータのホスト名かIPアドレスを入力して接続します
接続先Windowsの画面が表示されました。操作もできます。
接続先Windowsの画面が表示されました。操作もできます。

テンプレート毎の特徴は以下です(2019年3月時点)。

テンプレート OS (*1) プリインストール Office ライセンス 最低料金
リモートデスクトップSAL
(500円)
Office SAL
(1,800円)
Windows Server 2019 1,800円/月
2016 1,800円/月
2016 SQL Server 2016 Web Edition 5,800円/月
Windows Server for Remote Desktop 2019
  • Chrome
  • Skype
  • Thunderbird
2,300円
2016 2,300円/月
Windows Server for Remote Desktop + Office 2019
  • Chrome
  • Skype
  • Thunderbird
Office 2019 Professional Plus 4,100円/月
2016 Office 2016 Professional Plus 4,100円/月

*1: 2019 は「Windows Server 2019 Datacenter Edition」、2016 は「Windows Server 2016 Datacenter Edition」を表しています。

5. 主な機能・サービス

初期費用無料、定額制、最低利用期間なし

サービスを始めるハードルが低いです。

初期費用無料最低利用期間なし転送量に対する課金もありません

利用料金は時間単位で課金されるため、無駄なコストが掛かりません。

高速性

ストレージにはSSDが採用されており、最新CPUと合わせて高速なVPS環境となっています。

Hyper-V が利用可能

Windows Server 2016 Hyper-V を利用することができます。これにより、Windows Server 上に、お望みのOSをインストールした仮想マシンを作成することが可能ですので、幅広い用途での利用することができます。

リモートデスクトップでのリモート接続が可能

リモートデスクトップアプリケーションを使って、どこからでも Windows Server に接続することができます。場所を問わず、サーバー管理の操作が可能ですので大変便利です。

※ 「サーバー管理」目的以外のリモートデスクトップ接続は利用できません。

安心できるサーバー監視体制

サーバーにトラブルが発生した際に、迅速な対応が行えるよう、専門の技術者が24時間365日サーバーを監視しています。

SQL Server の利用は有料

有料ですが、SQL Server も利用することができます。

※ サーバー作成時のみ選択可能です。

オプション機能

  • 追加SSD
  • 追加IPアドレス
  • ロードバランサー
  • イメージ保存
  • 自動バックアップ
  • SQL Server

支払い方法

  • クレジットカード
  • ConoHa チャージ
  • ConoHa カード

6. サーバーの追加方法

どんなふうに Windows Server を選択するのか、スクリーンショットを使って説明します。

Windows Server の追加手順
Windows Server の追加手順
手順 説明
[VPS]を選択します。
[サーバー追加]をクリックします。
[Windows Server]タブを選択します。
プランを選択します。
[OS]タブを選択します。
テンプレートを選択します。

テンプレートの種類

※「4. テンプレート毎の特徴」での分類と少し違うので注意してください。

ライセンスを選択します。選択したテンプレートによって必須のライセンスが表示されます。
Administrator のパスワードと、ネームタグ(このVPSの名前)をセットします。
必要であればその他のオプションを追加します。

オプション
[追加]ボタンを押します。

7. 総評

ConoHa for Windows Server」というサービス名ですが、「ConoHa VPS で OS として Windows Server を選んだだけ」という見方もできそうです。
実際、ConoHa のコントロールパネルを見ると、VPS のページで Windows Server を追加するようになっています(下画面参照)。

Windows Server の追加
Windows Server の追加

Windows Server を借りる用途としては、

  • Windows 環境での検証作業
  • Webサイト運用(特に Webサーバーとして IIS を使う場合)
  • ファイルサーバー
  • Windowsしか対応していないアプリケーションの利用・運用

あたりだと思います。(「4. テンプレート毎の特徴」も参照してください)

ConoHa for Windows Server の場合、初期費用無料最低利用期間なしで 1ヶ月1,800円から利用でき、1ヶ月以内の場合や月の途中で解約した場合は時間単位での課金となりますので、無駄なコストが掛からず 何かを試すには最適です。小回りがきく感じです。
この 1,800円/月 というのも競合サービスの中でも標準的な料金ですので、長期間利用することになっても損するようなこともありません。

Windows Server 用VPS として、お勧めできるサービスになっています。

8. ConoHa for Windows Server の年表

「ConoHa for Windows Server」に関するこれまでのプレスリリース等を表にしました。

※ あくまでも調査できた範囲での情報になります。

日付 内容
2019年
2019/01/29 最新OS「Windows Server 2019」を提供開始
2018年
2018/12/11 【リリース】[Windows Server]「リモートデスクトップ(RDS)」や「Microsoft Office」 が利用可能に
2018/04/24 ConoHaPRさんのツイート: “【リリース】「ConoHa for Windows Server」提供開始 ConoHaでは本日より「ConoHa for Windows Server」の提供を開始いたしました。 さらに本日から【4日間限定】でWIN2GBプランがお申込み日より【30日間10%OFF】でご利用いただけます。 この機会に是非お試しください。 https://t.co/NwdgvNSGMy”

-VPS

執筆者:fitallright

関連記事

ConoHa VPS のレビュー・評価

目次1. ConoHa VPS について2. プラン比較3. 主な機能・サービス初期費用がなく、時間単位での課金となる豊富なテンプレートOSテンプレートアプリケーションテンプレートWordPress( …

WebARENA VPSクラウド のレビュー

目次1. VPSクラウド について2. レンタルサーバーの種類3. インスタンスとポイント4. インスタンス比較5. 主な機能・サービススケールアウト型VPS複数インスタンスを一括管理OSの選択肢が少 …

さくらのVPS のレビュー・評価

目次 1. さくらのVPS について 2. レンタルサーバーの種類3. プラン比較4. 主な機能・サービス複数台構成を実現するローカルネットワークスケールアップ(上位プランへの変更が可能)5. 総評6 …

お名前.com VPS のレビュー

目次1. お名前.com VPS(KVM) について2. レンタルサーバーの種類3. プラン比較4. 主な機能・サービス 安いです 任意のISOイメージを使ってOSをインストールできます 「完全仮想化 …

VPSのお勧めレンタルサーバー

目次1. VPS について料金OSVPSの運用は結構ハードVPSが向いているユーザーの例2. Webサイトを運営する上でのVPSと共用サーバーの違い3. お勧めVPS予算約1,000~2,000円/月 …

ロリポップ!「スタンダードプラン」
さくらのレンタルサーバ「スタンダードプラン」